そうたんば日記

癒しを求めどこまでも

退職

本日、会社退職してきました。


社会人人生で初めて、

「会社」が大好きになり。

「会社」に大きな誇りを持ち。


業界は元々好きだったので、

定年まで一生懸命働こう。


「この会社」でずっと働かせて頂けるように頑張ろう。


その「想い」だけで今まで来ました。


でも、数年前から「何か」が壊れてしまいました。


「何か」に気付いてしまいました。


その「何か」は、

自分の不器用さはもちろん、不可抗力だったり。


今まで頑張って築いてきたはずのタワーが、知らず知らずのうちに、意思とは全く反対の方向で崩されていたり。

だけど、一方ではそのタワーを大切にして下さる方がいたり。


訳が分からなくなってしまい、悲しくて、辛くて、悔しくて、どうしたら良いのか分からなくなって、


「自分の意思」を伝えきる事ができませんでした。

「誤解」をとく事もできませんでした。


力不足。


「自分の意思」を相手にいかに伝える事が大切か。

私にはその力が足りませんでした。


影ながら本当に応援してくださってる方々、

表向きは応援してくださってるけど、

本当を「知ってしまった」方々。


結果、パニックや落ち込みに陥ってしまいました。


今私は、

「人生のターニングポイント」なのではないかと


やっと、やっと、考える力が少しだけ沸いてきました。


急激に視野が狭くなりテンパってた私、その中でお迎えした丹波。またそれを見ていたであろう丹波にとって「朝露」での出会い、経験は、本当に本当に目の前がパーーーっと開けた気持ちになったのです。ドキドキ、緊張してましたが…




仕事はもちろん、プライベートも。

35年分くらい

力み過ぎてました。


これからは、ゆる~りゆる~り頑張っていければいいかなぁ~。


今日、本当にビックリしたこと。

知らない間に「事を知らない」方々が心配してくださっていたという事実。


どうにかして私の連絡先を突き止めて電話くださった方々。



だめね。私本当に視野が狭かった。


ね、丹波

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。